Sharjah Biennial 14 Leaving the Echo Chamber

Sharjah Art Foundation in UAE announced the outline of Sharjah Biennale 14, which will be held in March 2019. I think SB would be full of meaning and very advisory for people who has an interest in the contemporary art of Arabic and North-African regions, also trans-cultural and political relation between those local modernity and political movement of EU's cultural capitalism. At the late SB 13, I was able to learn many things and issues.

次回シャルジャ・ビエンナーレ14(2019年3月開催)の概要が発表されています。3人のキュレータによるパラレル・テーマでの企画。実は各コンセプトのいろいろな細部がリンクする。潤沢なアラブ資本のもとで動くSBは、トルコやパキスタンの現代美術展のようにアメリカやヨーロッパべったりではなく、かといって文化的独善にも陥らない。観客としての滞在生活も楽だし、アラブ・イスラム世界と北アフリカの現代美術と、そしてEUのアート覇権主義に関心のある方におすすめ。 「日本から?イスラミック・アラブ=ヨーロッパ2000年の文化ラインと、日本ってどんな関係あるの?過去、現在、未来に。中国・韓国のように知性と経済力で、強引に幅をきかせるわけでもないのに。いったい何者なのあんたら?主張はあるの?政府じゃなくてあなた自身の。いてもいなくてもどうでもいいわ」の冷たい視線に耐える勉強にもなります。インドのように優しくはない。 シャルジャ/ドバイーベイルートーカイローイスタンブールートリポリーアルジェー(西サハラへの入口としての)マラケシュ、このヨーロッパと対峙する芸術=政治のイマジナリー・ライン(将来、ここにポスト=ホメイニ体制のテヘランがノードとして必ず入ってくる!)の、アジアから見たとば口、文字通りの入門。 一方、東京ーソウルー北京ー上海ー香港ー台北~サイゴンーバンコクークアラルンプールのライン上で、超強力な中国資本と並走して知性と批判力を鍛え上げるようなアートの姿を、東京で目にすることはもうわたしにはかなわない。目にすることを望むか望まないかは別にして。


《Organised by Sharjah Art Foundation, the Sharjah Biennial fosters international artistic exchange and dialogue through exhibitions and experimentation. Since 1993, the Sharjah Biennial has commissioned, produced and presented large-scale public installations, performances and films by artists from around the world, bringing a broad range of contemporary art cultural programmes and cultural producers to the communities of Sharjah, the UAE and the region. Sharjah Biennial 14 (SB14) will be held in March 2019, and the curators are Zoe Butt, Omar Kholeif and Claire Tancons. 》 cited form web site of SAF.

Recent Posts

See All