Martha Rosler's "The Art of Cooking" Will Be Released Soon.

Updated: May 23, 2018



Maybe this summer, we will at last able to read the full of this long-awaited book by N.Y.C-based conceptualist-artist Martha Rosler who is especially famous her feminist video performance "Semiotics of Kitchen" (1974). The eflux mag already released a part of it on their web site, consisted in "les citations textuelles" in the term of R. Barthes to whom Rosler herself frequently made reference in her some statements in the 1970s, in which two gourmet persons, a star of TV cooking show Julia Child and a NY Times cuisine critic Craig Claiborne make a "speculative dialogue". Which agent of the art of cuisine would criticize another person's opinion? I want to support Julia's decision and be against her "trifled condition" within 1960s counter-cultural movement of US, even if it's a fake antagonism situated by Marxist-Feminism artist Rosler.

ポリティカル・コレクトネス系のコンセプチュアリストとして、1970年代から今も頑張っているマーサ・ロスラー(本人はそうは名乗らないけど、左派フーコー主義者くらいの位置づけのアーティスト)のThe Art of Cookingがついに出ます。US Amazonの発行2017年はミス。2016年に予告されたあと刊行が延びにのびて、ようやく今年の夏に。 ニューヨーク・タイムズ紙の辛口料理評論家として有名だった故クレイグ・クレイグボーンと、フランス料理のアメリカ的なアレンジで1960年代のTV料理番組の人気者になった故ジュリア・チャイルド(サンドラ・ロック主演の伝記映画があります、チャイルドのフランス語なまりの英語をロックがマジに真似ているところがおかしい)、この2人が交わす「仮想対談」のフォーマット。実によくできた引用のコラージュです。じつは一昨年から、その一部がニューヨークの哲学+現代美術系の雑誌efluxに公開されていました。一種のアーティスト・ブックですが、このニセの対談コラージュと同じコンセプトで60年代末に発表したコラージュ写真(あちこちの雑誌から台所の写真を寄せ集めたもの)が売りに出てます。今や泣く子も黙る(掲載テキストが難解だから?)efluxが再評価を与えた?ということもあってか、値がいっきに上昇。300~500万円くらい。美術館、買い時だと思いますよ。

19~20世紀初頭のヨーロッパの高級料理史の素養がないとちとしんどいかもしれません。けど、efluxの抜粋だけざっと流し読んでもけっこう面白い。料理界の重鎮(右派/左派くらいのポリシーの違いがある)のあちこちでの発言をカットアップした、あくまでコラージュです。でも、なんで噛むんだ?引きあうんだ?このバローズっぽいやりくち、コンセプチュアリストでも意外にやったアーティストが少ない。いま書いている論文でもすこしばかりこの本=作品をつまませてもらいました。 料理っていつも思うけど、美味いだの不味いだのと御託ならべて結局は食べちゃうよりも、ましてキッチンでつくるよりも、「書かれた料理=食を読むこと」のほうがラディカル、本質的な食へのアプローチができる。だって、犬猫じゃなくて、人間が食ってるんですから。でも、セックスのないニュートラルな人間じゃなくて、やはり女性なのです。


http://supercommunity.e-flux.com/…/the-art-of-cooking-a-di…/

  • Julia Child: Craig, my dear, I’ve been thinking. We all know that cooking is an art. But I wonder: How did it get to be one? After all, most of what we think of as art hangs on the wall or sits out in a courtyard ...

  • Craig Claiborne: Well Julia, I know what you mean. Yet obviously there are many kinds of art that don’t do that. Aside from cooking, we have music, the theater, dance—

  • Julia Child: Yes, Craig. But those haven’t any use: I mean, how serious are we about cooking as art? Cooking does tend to get used up rather quickly, you know.

  • Craig Claiborne: Yes, cooking is an ephemeral art; the painter, the sculptor, the musician may create enduring works, but even the most talented chef knows that his masterpieces will quickly disappear. A bite or two, a little gulp, and a beautiful work of thought and life is no more.

  • Julia Child: I see. You’re talking of masterpieces and talent and beautiful work, but isn’t cooking primarily a matter of taste?

  • Craig Claiborne: Of course! But isn’t all art a matter of taste?