Hiwa K, Kurdistan artist, published his collected projects and writings

Updated: Dec 16, 2018


Don't Shrink Me to the Size of a Bullet: The Works of Hiwa K


Contributors: Lawrence Abu Hamdan, Natasha Ginwala, Bonaventure Soh Bejeng Ndikung, Aneta Szyłak, and Bakir Ali.

Publisher: Walther König Verlag., 2018


Born in Kurdistan-Northern Iraq in 1975, and now based in Berlin, Hiwa K creates performances in public spaces that address the figure of the amateur artist and the dissemination of knowledge. Covering over decade of projects, Don’t Shrink Me to the Size of a Bullet: The Works of Hiwa K provides the first comprehensive account of the artist’s practice to date. Edited by Anthony Downey, with a foreword by Heike Catherina Mertens and Krist Gruijthuijsen, the volume includes essays by Lawrence Abu Hamdan, Natasha Ginwala, Bonaventure Soh Bejeng Ndikung, Aneta Szyłak, and a conversation between the artist and Bakir Ali. A series of texts have been prepared and revised by the artist, and he has also included a collection of anecdotes that recount gossip, stories, jokes, personal insights, conundrums, and aphorisms garnered from multiple sources. These have all been translated into Kurdish for the first time. The volume is fully illustrated and will contain extended notes on the works.


photos from Hiwa K's web site

The editor of this book, Anthony Downey is an academic, editor, and writer. His primary focus is on the politics of visual culture across the Middle East, North Africa, and the Global South. He has published widely on art practices and human rights, civil society and collaborative art practices, postcolonial and critical theory, and new media practices. His broader field of research focuses on new media, art and terrorism; collective and participative art practices; human rights, bio-politics and migration; and contemporary art institutions across the Maghreb and the Middle East.

available full essay by Downey, excerpted from the book.


Reference

KLF Publishing:

Publishing platform granted by Kamel Lazaar Foundation in Tunis, Tunisia

IBRAAZ:

The leading critical forum on visual culture in North Africa and the Middle East. We publish an annual online platform – consisting of essays, interviews, artists' projects, and platform responses – that focuses on research questions conceived through a network of editorial contributors based in the Middle East and beyond. Our key editorial aim is to publish, alongside work by internationally renowned writers, academics, curators, activists, and filmmakers, emerging writers and artists.

今年のドクメンタに出品した難民船の土管アパートが評判良かったと聞きます。ヒワ K Hiwa K の作品集。ドクメンタにあわせたかのように1月に出ていました。気づくのが遅くて注文が昨日到着。イラク北東部シレーマニー出身のクルド人で在ベルリン。せんだってのムラッドさんのノーベル・レクチャーでも触れてました。シレーマニー市のあるクルディアン地域のクルディアンも迫害をうけて人口が減っていると。あれだけ特徴的な歴史と文化と信仰をもつのだから、クルディアン自治政府の煮え切らなさもありますが、イスラム過激派の脅威から守ってくれない(からあんな大規模なジェノサイドが起きた)トルコやシーア派イランの威力が及ばぬように独立した方がよいのではと、中東とヨーロッパのweb紙の情報しかないわたしでさえも思います。

そのあたりも背景にヒワ Kのやっていることはとらえたい…というときに、いい本がでました。動画や写真しか見たことがないのですが、フランシス・アリスに似て、文化の政治にくるまれた日常の、その透明な皮をニンマリした顔つきの機智で剥ぐ手つきが好きです。

寄稿者には、ロンドン大学ゴールドスミスの生政治研究プロジェクト「Forensic Architecture 法医学的建築」(すばらしいプロジェクトで、記録集が出版されています。どこかで翻訳出しません?)に参加したローレンス・アブ・ハムダンLawrence Abu Hamdan(同じくドクメンタに出品したヨルダン出身のアーティスト。ドバイで会いました。好青年!)が。監修・編集は北アフリカの現代美術研究で何冊も本を出しているアンソニー・ダウニ―Anthony Downey(ロンドン)がやった。出版社はベルリンのヴァルター・クーニング。奥付に並ぶ組織名にはチュニスの有力な文化財団カメル・ラザールKamel Lazaar(UAEのシャルジャ財団とおなじく父が作って娘が切り盛り。NAME近現代の大きなコレクションを持ってます)の支援を受ける出版プラットフォームIBRAAZの名が。本の奥付そのものが、知性と財と意思の三種の素材を使った美しいモザイクになっている。わたしのような観客・読者主義者にはたまりません。お金を払って本を読むことで、居ながらにしてその「移動と交差」に参加できるからです。


そしてこのモザイクの下地。EU政府は、地中海をこえてヨーロッパとNAME地域を縦横に移動するこうした知性の運動と交差と時々の合目的的なコレクティヴの支援を、財政面ばかりでなく各地域での文化プロジェクト(アルジェリア、エジプト、イスラエル、ヨルダン、レバノン、モロッコ、チュニジア、パレスチナ、リビアの9つの地域が対象)の、企画・運用ノウハウに関わるコンサルテーションというかたちでも行っています。2014年から5か年計画。そのEU政府プログラム Med Cultureの名も覗けます。メイ首相は不信任投票に勝ったけれど、ブレグジットするってイギリスの芸術・文化にとっても大変な痛手になると思う。人と知性の具体的な移動が担保する21世紀の文化保障の流れに、経済的・制度的な大きな負担をかけることになるのですから。


このモノグラフは英語とアラビア語併記です。NAME地域の文化活動では、内容とメンバー次第では会議やフォーラムをあえて非公開にし、英語や仏語ではなくアラビア語のみでやることもあると、ベイルートのアート・センター、アシュカル・アルワンで聞きました。アラビア語のわからない人は臨席者のウィスパリングを受ける。言語文化の植民地化に晒された、そして、人が動くかぎり晒され続ける地域です。多言語出版の意味が日本や欧米とは違う。とくに、国際交流という古めかしい名目と、視察、留学、交換・交流、輸入翻訳というサブセットへの甘え(助成金申請通ってよかったね!)とはずいぶんちがう。