Calligraffiti Artist eL Seed's photo book " Lost Walls: A Caligraffiti Journey through Tune"

So beautiful, subjective assignments onto the nothingness or the "always-already" collapsed world. I want to accompany his road trip around somewhere in the future, it would be a place not to be corrupted into cultural topography and geography even in those political hotspots.

“There is no separation between form and language in eL Seed’s work. His images embody language to the extent that the line and the subject become one, and the flow of the line is part of the meaning. The viewer does not have to understand Arabic to sense the poetry of the message,” says Jeffrey Deitch (director of the Museum of Contemporary Art, Los Angeles) in the preface of eL Seed's book.


eL Seedの”カリグラフィティ”。TEDトークをたまたま見て本を買いました。エッセイも好感もてます。無を文明の原点と錯覚する愚かな此処から、「つねに・すでに」無産であるモノの姿が美しい其処へ、連れ出してほしい。筆洗いとかスプレイ缶の後始末くらいできるし、急死したら埋める場所には事欠かない。 昼の砂漠に立つと身長が10cmほど低くなったように思え、夜の寒い砂漠でうずくまっていると体重がかぎりなくゼロに近づくように感じることがあります。その差分を人は自分や他人の「魂」と呼んできただけのこと。若いあの頃の日から40年間の「散歩」が、「子供の否定神学」をようやく乗り越える場所までたどり着きあるように思う。決定的な塚は、なんといっても何度かの砂漠の経験。歩こうが走ろうが一歩が絶望的に短い。動いていても速度がない。inarching 寄せ接ぎ、のスパンになるポイントが海の外洋のように極端に少ないから。わずかな地面の起伏とかテクスチャの変化だけが、重力的な、視覚的な「救い」になる。そして、ついつい独り言を…そこでこれを目にしたら…