批評的エッセイ

ART IS WHAT WE EAT  根源主義フード研究と神なき受肉としてのアート  2018年3月版

目 次

ABSTRUCT

ART IS WHAT WE EAT: Embodiment of Art and Radicalist’s Food Studies

序論 食文化の記述、バロック的巻き込み

食はどこに存在するのか?

バロック的であること、モ-ダルであること

食を記述するとはどういうことか?

他者の文化について書くことの如何わしさとコスモポリタン

『食文化Jの自己疎外

第1章 フード研究とは何か? food for thoughtを越えて

1-1 美食学(ガストロノミー)とそれ以降のフード研究

1-2 文化研究と根源主義フード研究

1-3 近代栄義学とYou Are What You Eatの政治

1-4 食慣習の構造分析vs食物・食事のカテゴリー解析

1-5 肉食と単結晶的文明の破綻

1-6 フード研究の新しい哲学的基盤と脱ロマン主義

1-7 「中庸な場所」と食の生政治

1-8 食物のモードから食事のパフォーマビリティヘ

 

第2章 食と芸術の邂逅-1 未来派料理宣言

2-1 イタリア・ファシズムと未来派料理宣言

2-2 無重力と加速度の料理

2-3 キッチュなポナパルティズム

第3章 食と芸術の邂逅-2 フード・ア一ト小史コンサイス

3-1 料理はアートか哲学か?

3-2 フェミニスト・アートと食 ジュディ・シカゴ『晩餐会』

3-3 芸術のシャドウ・ワーク ミエレル・レーダーマン・ユケレス『メンテナンス・アート』、マーサ・ロスラー『台所の記号論』

3-4 食卓上の第二の自然 ダニエル・スポエリ『フード・アー卜』

3-5 労働としての料理と食の宇宙 ゴードン・マッタ=クラーク「Food」

第4章 「触れえぬもの」と「触れうるもの」のアンチノミー

襞A 触=視haptiqe、その先へ

襞B からだへのからだの含み込み

襞C 触れえぬものとの分有

襞D 『弱い思考』へ

襞E 消化器の思考 「第二の脳」としての消化器

第5章「砂漠の経済思想と食のディアスポラ~アラブ・イスラム世界のアート・フィールドから」

 

むすびにかえて 「場で」と「場を」

 

引用・参考文献

 

付録 「食物と食事を主題にする美術作品一覧:20世紀~現代編」